top of page
  • misaki funaoka

『伝わるちから』



◼︎読書記録

◼︎伝わるちから

◼︎松浦弥太郎








飛行機の中で読もうと購入した本だったのですが

その日あまりに揺れたため、まだ読んでいなかった一冊。

松浦弥太郎さんの本はこれまでも読んできましたが

日常のありがたさをもう一度考え直す機会になりました。





新年度が始まる前に読むことができて

とても良かったと思います。


私は言葉に携わる職業でもあるので

言葉や伝え方について日に何度も考えますが

自分でも大切にしていることが

いくつか記載されていてとても嬉しかったです。




たとえば、

言葉は一瞬で誰かを傷つけることもできるし

誰かの背中を押すこともできるということ。

私は後者でありたいと常々願っているので

その記載もあって嬉しかった。



そして、「人」や「愛」

についてのお話が多かったこと。

これも沁みました。




沢山、本の中に線を引きました。

自身の根底にあるものを大事に大事に

そして新年度はまたアップデートした自分で

日々を生きていけたらと思います。







「どんなことにもその先には人がいて、その人を思うことで、小さな工夫やアイデアが生まれ、いつしかそれが基本になっている。そうかあ、基本が基本である理由には、必ず人への愛情が隠されている。基本とは愛のかたちなのだ。」




「たったひとことで、人は飛ぶことができるし、落ちもする。だから、人はもっと言葉使いに心を働かせるべきだ。ていねいであればいいということではなく。」




「今更そんなことやっても無駄であるとか、その歳でそんなことできるわけないと言われようとも、きっと自分にはできるはずだと肯定し、しかし、そのためには客観的に自分をよく見つめて、まだまだこれではダメだとゼロ点を下す。いわば自分を否定し、そのゼロ点からスタートする。」




 





Comments


bottom of page