top of page
  • misaki funaoka

春の日に



春分の日。




これからの季節、三寒四温というけれど

徐々に気温が上がって

コートが薄手のものになって

淡い紅の色が街中に溢れてゆく。






凍える寒さから解放され

この煌めいた時間を待ち望んでいたはずなのに

今年はなぜか少し寂しくもあり

その理由がなんなのか分からない。




しいて言うなら新生活に向かう時の

期待と不安が入り混じったような体感で

心躍る瞬間を目前に

あと少しだけ後ろ髪を引かれていよう

といった感じなのだと思う。



私は解放的な夏が1番好きで

これはきっとこの先も変わらない。

ただ年々、春を迎えることのできる喜びが

強くなっているのを感じる。






春。


やりたいことがたくさんある。

行きたい場所も、会いたい人も。



瞬間の積み重ねが日々を創っていく。

その瞬間をいかに生きるか

一瞬をどう紡いでゆくかを

楽しめるようになりたいと思う。


可能性は自分で生み出すしかないのだ。








 




Commentaires


bottom of page