top of page
  • misaki funaoka

自らを形成するもの



『今年、あなたはひとつ歳を取る。

その度に、年相応にとか、いい歳して、とか

つまらない言葉が、あなたを縛ろうとする。

あなたは、耳を貸す必要なんてない。

世間の見る目なんて、いつだって後から変わる。

着たことのない服に袖を通して、

見たことのない自分に心躍らせる。

他の誰でもない、「私」を楽しむ。

年齢を脱ぐ。

冒険を着る。

「わたし」は私。』






たまたま流れてきたショート動画に心奪われ

何度もその言葉を反芻した9月の或る日。



私は年齢を気にするタチでもないのだけれど

ありのままで良いと言われている気がして

そして生まれた日が近い時期なこともあって

胸にその言葉たちが染み渡った。



これは【西武・そごう】のわたしは、私。

樹木希林さんによるスペシャルムービーの

メッセージである。




 


先日、またひとつ歳を重ねた。


今年1年はとにかく生まれ変わろうと走ってきたけれど

そこは人生、そう簡単にはいかないもので。

9月の終わりから1ヶ月程

うまく日常が回らなくなってしまった。


それもきっと必要なことだったのだと思う。

だからこそ健康のありがたさや

側で支えてくれる人の大切さに

改めて気付くことができたから。



自分で積み重ねた一瞬一瞬が

いまを、これからを形成してゆく。

人としてどうありたいかを常に

自らに問うて生きていきたい。


天と己に恥じぬ生き方をしたいと思う。



2023.11.02 愛と感謝を







 


Comments


bottom of page