top of page
  • misaki funaoka

『冷静と情熱のあいだ』



◼︎読書記録

◼︎冷静と情熱のあいだ

◼︎江國香織/辻仁成






 

この本を読みたい、と思う直感を

大切にしています。

12月1日、なぜだか急にこの2冊を

読みたくなったのです。

手に取るのももう何度目か分かりませんが

読むたびに新しい出逢いがあることも

本の素晴らしさだと思います。



これまではふたりの愛の、過去の

それを現在に繋ぐ物語だと思っていました。

いつからか先に江國さんの方から読み

辻さんの方を後に読むという

自分の中でのルールができるほど読んだ本。



それなのに、今回は

「順生」と「あおい」と

歳が近くなったこともあるのでしょうか。

思ってもいなかった発見が沢山あり

おもわず自分の直感に感謝しました。





「過去も未来も現在には敵わない、と思う。世界を動かしているのはまさにこの現在という一瞬であり、それは時の情熱がぶつかり合って起こすスパークそのもの。

 過去に囚われ過ぎず、未来に夢を見すぎない。現在は点ではなく、永遠に続いているものだ、と悟った。ぼくは、過去を蘇らせるのではなく、未来に期待するだけではなく、現在を響かせなければならないのだ。」




この部分を読むために本を開いたのかもしれない。

そう思うほど響きました。


私たちは過去に引きずられ未来を憂う時間が

あまりにも長いのかもしれません。

私もどちらかというと様々なことに

思い悩んでしまうほうです。


いまこの一瞬を輝かせる生き方を。

いまこの時から始めたいと思いました。




最後に。

この物語のふたりが

空白の10年に囚われず

また新しい時間を紡いでくれますようにと

心から祈っています。






 



Comments


bottom of page