top of page
  • misaki funaoka

『アルジャーノンに花束を』



◼︎読書記録

◼︎アルジャーノンに花束を

◼︎ダニエル・キイス (小尾芙佐 訳)





 

名作、と呼ばれる本のなかには

いつか読もう、と思い

そのままにしてしまっているものがあります。

中身は大体分かっていて、ということが多く

この1冊もそのひとつでした。



読み始めるのも読み進めるのも読み終わるのも

難しかった。

読み終えた後の涙は、私がこれまでに流したもののの

どれとも一致しない、不思議な涙でした。




生きていくうえで大切にしていること

それは人ぞれぞれですが


「ひとりの人間として」

「誰かを思う心」そして「愛」


そのどれもが決して特別なことではなくて

日常にあるかけがえのないものだと

考えさせられる一冊でした。



この本を読み終える前、その日の朝

とある出来事があり少し心揺らいだ

1日を、守ってくれたような気がします。

もっと自分のやりたいことを素直にやりたい

自分らしく生きていきたい

そう決意した私の背中を

またこの本が押してくれたのでした。


毎日をどう生きるかは自分次第。

大切なものをぎゅっと握りしめて。





ぜひ読んでみてください。




 


ความคิดเห็น


bottom of page